今日の出来事。


[ HOME掲示板TOP一覧表示ツリー表示トピック表示新規投稿記事検索記事修正・削除携帯用URL管理用 ]


[87] 近年における「飴と鞭」の意味について。 Name:H.L. Date:2017/09/09(土) 15:09 [ 返信 ]
関西に来てから気づいたのですが、
地域特有な「飴と鞭」があるようですので、
ご紹介します。

通常、生活してる中においてのリスクを考えた場合、
@良い事があった後に悪い出来事がある…。→確率としてかなり低い。
A悪い出来事があった後に良い事がある…。→確率としてかなり低い。

つまり、これは良い事があっただけ。悪い出来事があっただけ。という
そのどちらかがその日、その場面において存在しただけです。

確率として低いのですから、出来事を知った人が意図的に逆の様子を、
発生させない限りは、2つのストーリー的な関連性はありえない訳です。
しかも、高い頻度でよく2つの関連性があり、結合されているような
ストーリーが存在したら、あやしいです。

さて本題の「飴と鞭」。
これは良い事ばかりがあれば嬉しいです。
だがしかし、良い事があると決まって嫌がらせされたり…。よくあるのであれば
あやしいです。

良い情報だけを最初に与えておいて、いい感じになった時にストンと落とされる…。
「なんだよ、最初にいってくれれば契約しなかったのに…」というケースもよく聞きます。
要は相手を持ち上げておいて、不利な情報は後回し、目的だけうまくいけばさようなら…。
よく聞く話です。

今日においては、「飴と鞭」ではなくて、「飴は飴。」「鞭は鞭。」であり、
関連付けの無いよう、まずは先にムチの有無を確認。大抵隠していますのでね…。
それからアメを確認して判断しましょう。

飴が5個入っていると言われた箱を選び、開けたらオバケが出てくるかも…。
パワハラを受けるかも…。イジメを受けるかも…。
でも3個の箱を選んだとしてもそうなるかもしれません。

関連性のある「飴と鞭」かどうか…。気をつけましょう。


スレッド記事表示 No.87 近年における「飴と鞭」の意味について。 H.L. 2017/09/09(土) 15:09 [ 返信 ]

  




無料レンタル掲示板 WEBでき